INFORMATIONインフォメーション

NEWS

クラブニュース
試合

6年生、5年生トレーニングマッチ

2020.11.01 13:30
福万寺町市民グランド南面
6年生、5年生トレーニングマッチ
  • ALL

6年生 1、アバンティ東大阪戦、0対1 2、東大阪JSC戦、 7対0 3、アバンティ東大阪戦、0対0 4、東大阪JSC戦、0対1 5年生 1、ロベルト戦、1対3 2、アバンティ東大阪戦、3対0 3、ロベルト戦、3対0 4、アバンティ東大阪戦、0対0 6年生は、完全育成期間のサッカー、個人の能力、そしてプレー判断の速さ。 次のカテゴリーで、うまいって言われるように、試合に必要な選手になってもらえるように励みましょう。 5年生は、ややエネルギー切れかな。 この大事な時期に(TT) メンタル的な部分が大きいと思うけど、でもやっぱり各々のスキル不足。 チームからの注文が多く要求すると、できない作業が増えて来ています。 勢いだけでは育成にならない、しっかりしたスキルを身につけてください。 本日、大阪の高校サッカー準々決勝、ネットで色んな事のってました。 チャンピオン候補のこーこくがとーいんに敗れたらしい。 こーこくは今年プロ4人内定、なのでこーこくの注目度大。 でも結果はとーいん勝利。 ネットではとーいんは蹴ってばかりの球蹴り、こーこくは最後までサッカーをしていたと。 でも勝ったのはとーいん。 とーいんも普段はボールポゼッションでパスと多彩に取り扱う高校。 トーナメントで3年生最後の大会、相手の強烈な攻撃をしのぐサッカーをしたんだろーなと、勝手な想像なんですが。 そこで、思うのは、 ボールを蹴ったらあかんの??? 蹴ったら反則??? 先制点取ったら大事に行きたいと思う。 毎回の試合で蹴ってばっかりの試合を繰り返していたら判断なしの育成にならないけど、トーナメントで勝利を目指すなら、さらに相手強くて先制点取ったら、戦い方変わると思う。 敗れたチームは悔しいと思いますが。 うちも、昔勝ち進んだ学年、相手にボールをよく蹴られました。 試合内容は完全有利なのに、結果負けた事も何度もありました。 でもそれは、最後のゴールを決め切れないチームの力不足と考えていました。 最後のゴール前で取られるから蹴られる、だから取られないようにボールを動かせればいい、何度も工夫してゴールをこじ開けた事ありました。 その度に、頭使ったし、選手ももっとうまくなろうとしました。 どんな状況でも、どんな困難でもスポーツを熱く取り組んでほしいと思います。 5年生、次は小学生大会開幕です。 誰が出場してもチームを応援しよう。 保護者の皆様、自分のお子様だけ応援はダメですよ。 いつも言います、誰からも応援される選手になりましょう、そして誰からも応援されるチームになっていきましょう。 チーム一丸! 選手たちが一番力が出るようにサポートしますね。

RESULT

2021.01.09
大阪小学生大会泉北地区二次トーナメント2回戦
アイシュウキッズサッカークラブ Aisyu
0-4
REPORT
SSクリエイト SSクリエイト
2021.01.09
大阪小学生大会泉北地区二次トーナメント 1回戦
アイシュウキッズサッカークラブ Aisyu
4-0
REPORT
青英学園サッカークラブ 青英学園サッカークラブ
BACK